FC2ブログ
2018/08/15

ヒロシの北九州短距離S好調教馬診断


ブリーダーズGC 6→2.3.5.9.11.12

クラスターCはネロがハナに行っての粘り込みにオウケンビリーヴの堅実な差しは報告からも読めていたものの、ディオスコリダーが案外な競馬で3着。3連複なら的中ですが、この組み合わせの3連複は買えないからなぁ。

ディオスコリダーの走りを見てるとコーナーのまわりがぎこちなく、手前の替え方が変だったので初めての盛岡に馬が気を使っていたような感じの走りでした。それでも上位にはきっちり来ているのでホームで巻き返すでしょう。ネロは今後もこの競馬で賞金を稼いでくれると思いますが展開に恵まれないと勝ち切れないでしょうね。

≪ヒロシの好調教馬診断≫  

先週のこのコーナーでは真っ先に取り上げ特A評価を下したのは関屋記念のプリモシーンでしたね。ちなみに先々週はUHB賞で特A評価で取り上げたのが伏兵クリーンファンキー

メルマガを利用されてない方や、こまめにこのブログを確認できない忙しい方はここを見るだけでも参考になるのではないでしょうか。なにせ動きを確認しているのが現地のTM(所属会社はあかせませんが・・・)ですからね。


ではまいりましょう


北九州短距離S
直線輸送のリスクを考慮して先週末に小倉入り。最終追いは小倉ダートで前半は折り合いを確かめながら軽いフットワークで6F69.2をマーク4F過ぎから気合いを入れるとサッと反応して12.5-12.6の流れでフィニッシュ。馬体はピカピカ、フックラ見せて仕上がり良好!評価特A


人気ブログランキング 

他目立ったところは   
アレスバローズ 坂路55.7 C
アンヴァル 栗東P 64.3 A
セカンドテーブル CW83.1  A
ダイアナヘイロー 小倉芝  A
ナガラフラワー CW69.1  特A

NST賞
当初は坂路で追い切る予定も馬場入りをゴネが関係でウッドでの最終追い。調教前は気の悪さを見せていたもののウッドに入ってからは嘘のようにスムーズ。前進気鋭に溢れ、力強いフットワークで6F67.2をマーク。終いも持ったままで12.4なら仕上がり上々 評価A

 

オールドベイリー CW53.4 A
スティンライクビー W84.9 C
    

評価はS、特A、A、B、C、Dの順番

札幌記念の追い切り特注馬は後ほど
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント