FC2ブログ
2019/01/15

神戸新聞杯3連複2930円、オールカマー3連複1640円的中 スプリンターズは

更新が遅くなりすいません。関西の関係者の方と情報を交換していました。

今週から中京開催が開始となるだけにそのあたりの情報収集も必要ですからね。

先週の3日間開催は思うような結果にならず申し訳ございませんでした。

京成杯は押し出されるようにカテドラルがハナへ。競り駆ける馬もなく1000m通過が60.6と予想どうりスローの展開。2ハめに10.8にペースアップもそこからは淡々とした流れで完全に前に有利な展開。ただカテドラルは3コーナー過ぎから手応えが悪くなり後退。これは完全に太目残りが影響でしょう。番手で折り合っていたラストドラフトには絶好の展開で早め抜け出しからの押切。軸にしたダノンラスターは3Fまではいい形で外目を回っていたものの前の馬の跳ね上げた芝が顔面に直撃して戦意喪失。これは完全に度外視の一戦と言って良さそう。次走人気を落とす東京開催で積極的に狙いたいですね。


 



≪今週のねらい目≫  
ねらい目①
東海S
 
 
人気ブログランキング 
中間はCWでビシビシ乗られて馬体の張りは気配が既に一変の状況だとか。東海Sで馬券に絡む可能性は現時点でもかなり高いとの一報





ねらい目②
AJCC
 

このあと中山記念は距離が短く適鞍がないためここに全力投球。先週はCWで自己ベストなどここへ向けとにかく順調な動きが目立っているとの話です
スポンサーサイト
2019/01/14

ヒロシの京成杯最終結論公開へ

日曜日の結果は月のレース後に振り返らせていただくとして
本日は成人式。新たに成人となる方達はあまりハメを外さない程度で成人式を楽しんでもらいたいものです。





これまでと同じく軸馬固定の◎→◎◎◎形式の3連複ながし


中間の降雨もほとんどなく良好な馬場なのは言うまでもありません。となれば先行馬有利は崩れないところ。TMの方からの報告で絶好調との見立てがあった「   」を中心にいきます。先行から押し切りを期待。押し切れずとも3着には粘れるはずです。
◆京都11R 淀短距離S

 
中山ですが週中に若干の降雨があったものの、その後の晴天で良好な馬場での競馬になりそうです。芝は内は掘れてきたものの全体的にはそれほどダメージなく堅めの馬場での競馬はまちがいなし。もう言いますが「     」は状態面も問題なくここでの軸です。
◆中山11R 京成杯


人気ブログランキング  
 


2019/01/13

ヒロシの日経新春杯最終結論を公開へ

こんばんはヒロシです。


明日の予想を公開とまいりましょう。本日の詳細は月曜のレース後に振りかえりますね





これまでと同じく軸馬固定の◎→◎◎◎形式の3連複ながし


フェアリーの勝ち時計が1分36秒0と先開催の最終週と比べ1秒ほど時計の掛かっている馬場。いい馬場なら34秒台前半がでておかしくないペースでしたがそれだけ力のいる馬場ということでしょう。内外大きな馬場差もなく状態の良い馬が馬券に絡んでいる感じです。近走内容からもサーブルオールが1番人気でしょう。デキも良いとの報告を聞いていますので当然中心視と行きたいところです
◆中山11R ニューイヤーS

 

週中の調教での注目馬でも取り上げましたがやはり「  」が3連複の軸にはピッタリと見ています。最終追いはウCWで余力を残して82秒台、上りも12.1ならばいうことなし。追い切り後の状態も安定しており落ち着いていると言うことならば3着以内は大丈夫と判断しての勝負となります
◆京都11R 日経新春杯 


人気ブログラならばンキング  

2019/01/11

ヒロシのフェアリーS最終結論を公開へ

こんにちは。ヒロシです。

中山開催も3週目となると内目を中心に荒れてきましたね。こうなってくると枠の有利、不利も重要なファクターになりますね。明日はそのあたりも含めての勝負になるのでどうぞご期待ください。ちなみに京都は引き続き良い馬場での開催

ダートに関しても京都、中山共にそこそこ早い時計で軽めの仕上がりなのは言うまでもないですね

ちなみに関係サイドからの勝負レースの話も届いています。3週後の東京ですが根岸Sの「   」は狙いであると今から言っておきます。というのも今回厩舎サイドが短期放牧中も外厩にまで乗り込みメニューを指示して調整させた上、今回はハミを替えてシッカリと勝負する状態を作ってきたとの厩舎付きのTMから話が入ってきました。ここから現時点ではガッチリいきますので覚えておいてください。
 




これまでと同じく軸馬固定の◎→◎◎◎形式の3連複ながし


まずは中山6Rのメイクデビュー。面白い素質馬が揃いましたね。ここは「    」を軸に勝負したいと思っています。中間は格上の古馬を煽る動きで最終追いもビッシリ追われて坂路で4F51.8。上りも12秒台で古馬並みの時計を出して仕上がり万全です。坂路でこれだけ時計が出ると短距離向きの可能性もありますが血統的には2400向き。能力の違いと見ていきます
◆中山6R メイクデビュー 中山厳選3連複


 

そしてフェアリーS。明日はパンパンの良馬場は間違いなし。選定する材料が少ないだけに直前の状態面の報告と、関係者のコメントは重要。やはり最終追い坂路で好時計の「   」がいいですね。直前も落ち着きがあり調教師も手応えを感じ取っているとか。飛びのキレイなフットワークはいかにも良馬場でキレそうです。
◆中山11R フェアリーS


人気ブログランキング  
 




2019/01/09

ヒロシの京成杯好調教馬診断を公開へ

≪ヒロシの好調教馬診断≫  
日経新春杯
最終追いはCWで。前半は抑え気味に折り合いに専念。3F過ぎから気合いをつけるとその後は12.4-12.2-12.2のラップを刻みフィニッシュ。弾けるような反応で最後まで豪快な伸び脚 評価特A


人気ブログランキング 

他目立ったところは   
シュペルミエール  坂52.9 A
ミライヘノツバサ 坂53.3 特A
ムイトオブリガード CW81.3  B

フェアリーS
ウッドでビッシリ追われ70.2。前半からキビキビしたフットワークで力強さをアピール。3F過ぎから追い出されるとサッと反応して上りも12.7。併せたフェリスナタールを煽る動きを披露 評価特A
 

レーヴドカナロア CW83.9 B
コントラチェック ウッド69.8 B
グレイスアン W70.2 A
    

評価はS、特A、A、B、C、Dの順番